カテゴリー
その他お知らせ 地域交流・課題検討部会

2023年度地域の課題解決事業成果報告会の実施について

2023年度地域の課題解決事業成果報告会について、以下の特設サイトにて公開をはじめました。

是非ご覧ください。

視聴サイトはこちらから

カテゴリー
その他お知らせ 募集 教育プログラム開発部会

第6回2023年度大分合同FD・SDフォーラム開催について

画像クリックでPDFを開きます

学業や学生生活に支障をきたすほどインターネットやネットゲームの利用を優先し、使用を減らそうとしても自己コントロールが困難な状態に陥ってしまう学生が多くみられるようになっています。

本フォーラムでは、ネット依存症の現状と、教員や職員ができる学生への対応や対策について、専門家にお話いただきます。

【日時】
第1回 令和6年3月6日(水)15:00~16:30
第2回 令和6年3月13日(水)13:30~15:00
※第1回目と第2回目は同じ内容です。
※事後のオンデマンド配信はありません。

【視聴方法】
Zoomミーティングによるオンライン参加

【講師】
鷲津 秀樹 氏(NPO法人 日本次世代育成支援協会代表)

【対象】
おおいた地域連携プラットフォームの構成機関所属の教員・職員、その他の大学の教員・職員

【事前お申し込み方法(必須)】
開催日の前日までに「お申し込みフォーム」から、事前のお申し込みをお願いします。
申込者には通常お申し込みから24時間以内にZoomミーティング接続先を自動返信メールでお知らせします。

<お問い合わせ先>
大分大学地域連携プラットフォーム推進機構
大分大学教育マネジメント機構教学マネジメント室(学生支援部教育支援課)

電話番号:097-554-7913,7132
メール:teaching@oita-u.ac.jp

カテゴリー
その他お知らせ 募集 地域人材創出部会 教育プログラム開発部会

リカレント教育キックオフシンポジウム~リカレント教育で拓く あなたとおおいたの未来~の開催のお知らせ

画像クリックでPDFを開きます

当プラットフォームでは、文部科学省の委託を受け、「地域ニーズに応える産学官連携を通じたリカレント教育プラットフォーム構築事業」に取り組んでいます。

 これまで、地域や産業界が求める人材ニーズに合ったリカレント教育を提供することをめざして準備を進めてきましたが、来年度からの開始を前に、キックオフシンポジウムを下記のとおり開催することとしました。

リカレント教育に関する国の動向や企業の取組、本県高等教育機関が提供するリカレント教育の特徴や方向性等について情報提供させていただくことにより、リカレント教育受講への契機になればと考えています。

詳細はチラシも御確認ください。

【日時】2024年3月4日(月) 13時30分~16時00分

【場所】J:COMホルトホール大分 小ホール(地図

【定員】約200名(参加費無料)
※定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。

【主催】おおいた地域連携プラットフォーム

【申込】こちらよりアクセスの上、参加申し込みをおこなってください。

【プログラム】
開会挨拶 13:30 – 13:35
おおいた地域連携プラットフォーム
会長 北野正剛(国立大学法人大分大学学長)

基調講演➀   13:40 – 14:10
「大学等がリカレント教育に取り組む意義と推進に向けた方向性」
文部科学省総合教育政策局生涯学習推進課
リカレント教育・民間教育振興室長 西明夫

基調講演➁   14:15 – 14:45
九州経済産業局
※登壇者については調整中

県内事例発表  14:50 – 15:25
「企業カルチャー変革について」
柳井電機工業株式会社
代表取締役社長 柳井智雄

プラットフォーム発表  15:30 – 15:55
「大分県の大学等が提供する産学官金連携を通じたリカレント教育プラットフォームについて」
大分大学
地域連携プラットフォーム推進機構 花井太郎

閉会 16:00

カテゴリー
教育プログラム開発部会

(株)地域科学研究所とのキャリア形成プログラム「観光コンテンツ・エリアブランディング」を実施しました

令和5年11月11日~12月17日までの計7日間で実施された、(株)地域科学研究所とのキャリア形成プログラム「観光コンテンツ・エリアブランディング」に、おおいた地域連携プラットフォームの協働機関の高等教育機関から学生10名(大分大学6名 日本文理大学3人 別府大学1名)、教職員3名(大分大学2名 日本文理大学1名)が参加しました。

 

この事業は、株式会社地域科学研究所が、大分県内自治体で検討している地域課題解決プロジェクトを題材としたキャリア形成プログラムを実施することで、杵築市職員と株式会社地域科学研究所の社員と協働して、学生の若者視点を活かした、新たな課題解決策を企画し展開することを目的として実施されました。

 

今年度は杵築市山香町を中心におこなわれ、地域科学研究所本社やホルトホール大分でのグループワークや、るるパークや中山香駅前通り等の山香町周辺でのフィールドワークに学生・教職員が参加しました。

 

最終日には、地域科学研究所本社にて、3チームからの学生の若者視点からの課題解決策の提案をおこないました。

チーム クロリネット楽団「森の中の劇場~文化交流から姉妹都市創りへ~」

チーム サーモン「るるフェス ~自然に優しい音楽フェス~」

チーム タベタベ「空き家カフェを起点とした健康推進プロジェクト」

発表会終了後は地域科学研究所の平井社長、杵築市役所商工観光課有田様から講評をいただきました。

フィールドワークの様子
フィールドワークの様子
最終報告会の様子
最終報告会後の集合写真
カテゴリー
地域人材創出部会 新聞記事

「キャリアトークセッション」~経営者との直接対話でキャリアを考えよう~を実施しました

11月26日(日)に『「キャリアトークセッション」~経営者との直接対話でキャリアを考えよう~』をコンパルホールにて開催しました。

イベントには延べ45名の学生が参加し、大分大学をはじめとする様々な大学から学生が集まり、大分県内の13社の経営者と直接対話をおこないました。

このイベントは、従来の企業説明会とは一線を画し、リラックスした雰囲気で経営者と学生が交流するイベントで、学生が経営者と直接対話することで企業のビジョンや成長性を知り、将来の選択肢として検討できる機会を提供することを目的としています。

また、経営者は学生の志向や考え方を知り、将来的な人材の選定に役立てることができます。将来的な大分県へのUターン就職を考える学生にとっても、参加企業が選択肢になることや、将来の起業家を増やす効果も期待しています。

参加者たちはスーツではなく、カジュアルな服装で、くつろいだ雰囲気の中で、学生ファシリテーター進行のもと、経営者たちと対話しました。

テーマは「我が社の自慢の人材を語る」で、学生と経営者が自由にアイデアや意見を交換しました。

参加した経営者からは、学生との直接の対話を通じて、新しい視点や展望を得られる貴重な機会だったと話がありました。

学生からは経営者との交流を通じて、有益な経験を積むことができたと話がありました。

本イベントの様子は、11月27日付けの大分合同新聞にも記載がされています。(記事はこちらから)

セッションの様子①
セッションの様子②
カテゴリー
その他お知らせ

【障害発生中】メニューバーがトップページに非表示となっている事象について

現在トップページ上にメニューバーが表示されない障害が発生しており、原因を調査中です。

復旧までの間、大変恐れ入りますが、本ページ上部に表示のメニューバーより、各種項目へアクセスをお願いいたします。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

カテゴリー
地域人材創出部会 新聞記事

移住定住動画作成インターンシップ事業in中津市本耶馬渓町を実施しました

おおいた地域連携プラットフォームでは、中津市本耶馬渓町の協力のもと、「移住定住動画作成インターンシップ事業in中津市本耶馬渓町」を実施しました。

この事業は、中津市本耶馬渓支所を拠点に、移住定住希望者向けと観光PR向けに、市を紹介するYouTube動画を作成し、中津市の魅力を再発見し、学生たちがその発見を映像制作に活かすことが主な目的です。

今年は、8月17日(木)と18日(金)にホルトホール大分で事前研修会が開催され、学生たちはアイスブレイク、チームビルディング、および映像編集に関する講義を受けました。その後、8月21日(月)から23日(水)および28日(月)から30日(水)まで、中津市本耶馬渓支所の協力の下、移住者へのインタビューや観光地への取材が行われました。

取材の後、編集作業が行われ、最終日には本耶馬渓支所の職員へ進捗報告が行われました。

また、10月11日(火)には中津市役所で市長への報告会が開催され、10月17日(火)には道の駅耶馬トピアで「新そば賞味会」が開催され、学生たちは制作した観光PR動画を参加者に披露しました。

この事業には、計6名の学生が参加しました。そのうち、大分大学から3名、別府大学から3名の学生が参加し、そのうち3名は中津市出身者でした。スタッフとしては、大分大学地域連携プラットフォーム推進機構から2名、中津市政策企画課および本耶馬渓支所地域振興課から計3名の職員が参加し、日本文理大学からも教員2名と学生1名が事前研修に参加しました。また、市長への報告会には中津市長を含む他の職員10名、学生5名、職員2名が出席し、新そば賞味会には中津市長を含む40名の参加者が集まりました。

このインターンシップにより、制作された動画は中津市の公式ウェブサイトで公開されています。

本記事の下にも動画を載せているので、是非ご覧ください。

本事業の様子は、9月5日付け、10月18日付けの大分合同新聞にも記載がされています。(記事はこちらから)

事前研修の様子
奥塚中津市長への報告会の様子
取材中の様子
カテゴリー
地域交流・課題検討部会 新聞記事

【実践型地域課題解決事業】別府溝部学園短期大学の取組が大分合同新聞に掲載されました

本年度の「実践型地域課題解決事業」のうち、別府溝部学園短期大学の事業の取組が本日付の大分合同新聞に掲載されました。

詳細はこちらをご確認ください。

 

 

当日の様子1
当日の様子2
カテゴリー
教育プログラム開発部会

「豊の国学」リレー講座(第1,2回開催分)を実施しました

おおいた地域連携プラットフォーム教育プログラム開発部会生涯学習支援WGは、「豊の国学」リレー講座の第1,2回を開催しました。(実施ポスターはこちら

この講座は、大分県に関する様々な分野の専門的・学術的な教育内容等を連携・融合させた講座で、専門的でより高度な学習機会を提供することによって県民の生涯学習を支援することを目的としています。

講義は、J:COMホルトホール大分で行われました。また新中津市学校にも講義の様子は遠隔配信され、中津市からも多くの受講者が訪れました。

今年度は全3回(各回2コマ)の講座が開かれ、第1回は令和5年9月3日(日)に、「地域づくりのモチベーション」(大分大学経済学部 山浦 陽一 准教授)、「大分ゆかりの音楽家たちNo2『瀧廉太郎没後120年追悼講演』」(大分県立芸術文化短期大学 宮本 修 名誉教授)の2コマの講義が開講されました。この回には会場参加者が57名、新中津市学校から7名参加しました。(共に延べ人数)

第2回は令和5年9月16日(土)に実施され、「大分県民の食生活の現状と課題~健康寿命延伸に向けた食生活について~」(別府大学食物栄養科学部 中村 弘幸 准教授)、「大分を「宇宙」で散歩しよう」(大分工業高等専門学校電気電子工学科 高橋 徹 教授)の2コマの講義が開講されました。この回には会場参加者が63名、新中津市学校から11名参加しました。(共に延べ人数)

受講者からは、「大分に住んでいることを誇りに思える講義だった」、「楽しく受講できた」、「また受講したい」等の声が聞かれました。

第3回は11月18日(土)に実施されます。

詳細はこちらをご確認ください。

カテゴリー
その他お知らせ 事業推進本部

【ご意見募集】おおいた地域連携プラットフォームの活動に関して、皆様からのご意見を募集します。

おおいた地域連携プラットフォームの活動に関して、皆様からのご意見を募集します。こちらからフォームへアクセスしていただき、ご回答をお願いします。いただいたご意見に関しましては、今後の活動の参考とさせていただきます。