資料ダウンロード
大分高等教育協議会

設立趣旨

 これまで,大分県内の大学,短期大学及び工業高等専門学校などの高等教育機関は,多様な社会的ニーズに応えるため,連携協力を通じた相互の教育資源の有効活用,地元自治体等との包括協力協定の締結,一般市民向け公開講座の実施など,教育研究成果を地域社会へ還元することで,地域の知の拠点としての機能を発揮してきました。
 これらを背景に,県内7大学等は,平成19年度に「地域連携研究コンソーシアム大分」を設立し大学間の研究交流を促進してきました。また,平成20年度から平成22年度にかけて,文部科学省の戦略的大学連携支援事業に県内8大学等で取り組み,地域連携研究,教育連携,国際教育・留学生支援を柱とした大学間連携事業を実施しました。 平成22年度には,教育連携を推し進めることを目的とした「とよのまなびコンソーシアムおおいた」を設立しました。
 このたび,県内9高等教育機関は,これまでの連携活動の成果を踏まえ,大学間連携をさらに確かなものとするため,「地域連携研究コンソーシアム大分」と「とよのまなびコンソーシアムおおいた」で構成される大学連携の統合組織「大分高等教育協議会」を設置することにしました。
 「大分高等教育協議会」は,両コンソーシアムの活動によって地域の教育力・文化力・研究力の向上を図り,地元大分の自治体や各種団体等と協力しながら,地域における高度人材育成及び地域の発展に貢献することを目指します。

事業概要

■地域連携研究コンソーシアム大分

◎ 学・学連携型研究推進事業
◎ 研究成果公開事業
◎ 産学官人材育成・啓発事業
◎ その他必要な事業

■とよのまなびコンソーシアムおおいた

◎ 共通教育事業
◎ 生涯学習支援事業
◎ その他必要な事業

組織

■目的

「とよのまなびコンソーシアムおおいた」を構成する高等教育機関が、それぞれの特性を活かしながら相互に連携して学生に対する教育内容を充実・発展させ、地域全体の学習環境を向上させます。

■取り組みの概要と特徴

共通教育の充実を図るため、各機関で共通開講する授業プログラムを編成して、共通授業を実施します。
収録した授業コンテンツを充実させて共有化を図り、e-ラーニング授業等への活用を推進します。
コンソーシアム単位互換協定に基づき、各機関の開設授業に学生を相互に受け入れ、単位互換を推進します。

生涯学習支援事業

■役員

会 長 : 北野 正剛 (大分大学長)
副会長 : 出口 治明 (立命館アジア太平洋大学長)
監 事 : 菅 貞淑 (日本文理大学長), 飯沼 賢司 (別府大学長)

地域連携研究コンソーシアム大分 運営委員会委員長  : 守山 正胤 (大分大学 研究,社会連携,産学連携,地域医療人材育成・福祉担当理事)
とよのまなびコンソーシアムおおいた 運営委員会委員長  : 大崎 美泉 (大分大学 教育,入試,学生・留学生支援担当理事)

■構成機関

 講座は,「豊の国学」として中央講座・分野別講座・関連講座及び協賛講座を開催し,様々な角度から”豊の国(大分県)”を学んでいただきます。
 このうち,中央講座は1講座30分程度のリレー形式で行うものです。分野別講座は大分の人・文化・産業及び自然に分類して,さらに学びを深めていただくものです。関連講座は”豊の国”に関する学びであることを条件に枠を広げ,各大学等の運営により実施するものです。協賛講座は,「豊の国学」の趣旨に沿う各大学等の講座を認定するものです。

「高度人材育成」「地域活性化」をオール大分で取り組む

おおいた地域連携プラットフォーム

お問合せ 協働事務局事務担当 :
大分大学地域連携プラットフォーム推進機構
https://oita-platform.org
〒870-1192 大分市大字旦野原 700 番地
TEL.097-554-7913 FAX.097-554-6177
cocsuishin@oita-u.ac.jp

Copyright © 2022 Oita Regional Cooperation Platform